このブログを検索

2018年3月18日日曜日

高校受験は3年間の集大成

土佐塾生の公立高校A日程の得点開示の情報も集まり始めました。
当日、苦手分野ばかり出たとか、
逆に得意分野ばかり出たとかの誤差はあると思いますが、
概ね、統一模試などの得点率と重なっている感じです。

ただ、同じ高校を受験して同じ得点でも合否が分かれている場合も。
それはやはり、いわゆる内申点の差ですね。
内申点というと、ぼんやりしたイメージでとらえる方も多く、
学校の先生の言うことをききなさいとか、
部活を真面目にしなさいとか言いがちですが、
ちゃんと客観的な点数(260点満点)になっています。

それはずばり、
通知表の5段階評価を各教科ごとにまとめて合計したもの。
定期テストや提出物、授業態度などが5段階評価の要素なので、
学校生活は非常に大切なのです。
数字は後で言いわけも取り消しもできないのがつらいですね。

しかし!
中1の分が65点、中2の分が65点、中3の分が130点。
中3で挽回することも十分可能です。
中1、中2がちょっとまずい・・・という人は、
背水の陣、生まれ変わった気持ちで頑張ってくださいね!!